製品

  • HW-ZD-200

    HW-ZD-200

    YX-150PROのアップグレード製品として、高度な4軸駆動ロボットを採用し、アームシフトおよびガンスイングテクノロジーと組み合わせて、100mmの肉厚のパイプライン(Φ125mm以上)を溶接することもできます。これは、国際的な厚肉溶接技術の大きな進歩であり、石油およびガス産業で広く使用されています。

  • YX-150

    YX-150

    YX-150は、MIG(FCAW / GMAW)溶接プロセスを採用しており、さまざまな種類の鋼のパイプラインを溶接するのに適しています。適用可能なパイプの太さは5〜50mm(Φ114mm以上)で、現場での作業に適しています。安定した機能、低コスト、使い勝手の良さから、国内外で幅広く使用されています。

  • YX-150 PRO

    YX-150 PRO

    YX-150の基本として、YX-150 PROは溶接ヘッドと溶接フィーダーを統合し、スペースを大幅に節約するだけでなく、溶接の安定性を効果的に向上させます(ワイヤーフィーダーと溶接ヘッドの間の距離が近いため) )、溶接効果を向上させます。

  • YH-ZD-150

    YH-ZD-150

    YH-ZD-150は、自動TIG(GTAW)溶接機として、さまざまな最先端の自動溶接技術を統合しており、炭素鋼、ステンレス鋼、チタン合金などの薄肉管の溶接に最適です。

  • Closed type welding head

    クローズドタイプの溶接ヘッド

    細管溶接に適したTIG(GTAW)溶接方式を採用しており、閉溶接ヘッドと開溶接ヘッドに分かれており、管径に応じて適切な機械を選択できます。

  • Open type welding head

    オープンタイプの溶接ヘッド

    細管溶接に適したTIG(GTAW)溶接方式を採用しており、閉溶接ヘッドと開溶接ヘッドに分かれており、管径に応じて適切な機械を選択できます。

  • IDE (Electric Pipe Beveling Machine)

    IDE(電気パイプ面取り機)

    面取り機は、内部拡張タイプと外部クランプタイプに分けられます。これは主に、さまざまな角度要件を持つ金属パイプ端面の壊れた平らな表面の処理に使用されます。要件に応じて、U、V、その他の幾何学的形状に加工できます。

  • IDP (Pneumatic Pipe Beveling Machine)

    IDP(気送管面取り機)

    面取り機は、内部拡張タイプと外部クランプタイプに分けられます。これは主に、さまざまな角度要件を持つ金属パイプ端面の壊れた平らな表面の処理に使用されます。要件に応じて、U、V、その他の幾何学的形状に加工できます。

  • ODM (OD-Mounted Electric Pipe Cutting And Beveling Machine)

    ODM(ODマウント電気パイプ切断および面取り機)

    面取り機は、内部拡張タイプと外部クランプタイプに分けられます。これは主に、さまざまな角度要件を持つ金属パイプ端面の壊れた平らな表面の処理に使用されます。要件に応じて、U、V、その他の幾何学的形状に加工できます。

  • ODP (OD-Mounted Pneumatic Pipe Cutting And Beveling Machine)

    ODP(ODマウント空気圧パイプ切断および面取り機)

    面取り機は、内部拡張タイプと外部クランプタイプに分けられます。これは主に、さまざまな角度要件を持つ金属パイプ端面の壊れた平らな表面の処理に使用されます。要件に応じて、U、V、その他の幾何学的形状に加工できます。